[PR]

 14人の命が奪われたスキーツアーのバスの転落事故。長野県軽井沢町中央公民館近くに設けられた臨時の遺体安置所には15日午後、遺体を納めたひつぎが、次々と運び込まれた。遺体の確認に訪れた遺族らが、険しい表情で安置所に入った。中からは、遺族とみられる女性の「ワーッ」という叫び声が響いた。

 ツアーには、法政大キャリアデザイン学部教授で教育評論家の尾木直樹さん(69)のゼミに所属する3、4年生計10人も参加していた。亡くなった3年生の西原季輝(としき)さん(21)=千葉県市川市=は、3月上旬に予定されているゼミの同窓会の幹事役を務めていたという。

 尾木さんは「みんな明るく、とても仲良し。先日も『スノボに行く!』と喜んでいたので、楽しんでおいでと声をかけたのに。こんなことになるなんて……」と声を震わせた。ゼミでは林晃孝さん(22)=川崎市=も犠牲になった。小学校の同級生の男性(22)は「すごく優しい人だった。すごい悲しいです」。

 亡くなった東京農工大1年の小嶋亮太さん(19)=東京都小金井市=は昨年まで埼玉県立不動岡高校のラグビー部で活躍。同大でもラグビーを続けていた。

 「ぼく、小学生のとき、ラグビースクールに通っていたんです。もう一度、高校でラグビーをやりたくて入部しました」。不動岡高ラグビー部顧問の藤間禎教諭(とうまただし、47)は、小学生の時のジャージーを手に、部にやってきた小嶋さんとの最初の会話を覚えている。

 地道に密集に飛び込んでいくスタイルでチームに貢献した。「彼のラグビーは真面目な人柄そのもの。本当に残念です」と藤間教諭は言葉を振り絞った。

 亡くなった大谷陸人さん(おおやりくと、19)=東京都杉並区=も小嶋さんと同じ東京農工大のラグビー部員。近所の女性(47)は「はっきりとあいさつする好青年。まさかと驚いた」。

 早稲田大では4年の阿部真理絵さん(22)=さいたま市=と田端勇登さん(22)=東京都渋谷区=、小室結さん(21)=川崎市=が犠牲になった。阿部さんの父親は15日夜、自宅マンション前で「本当に明るくて、希望の会社に就職が決まって、配属がどこになるかというのがもうすぐ来るという状況で。非常に楽しみにしていた。本当に信じられない」と目を赤くして語った。

 田端さんの自宅では、遺体を迎えにいった家族が号泣しながら帰宅。親戚の男性によると、田端さんも4月から金融機関への就職が決まっていたという。この親戚は「この前、自分の引っ越しを手伝ってくれて仲良くなったばかりなのに」と目頭を押さえながら話した。

 東京外国語大の担当者は15日夜、1年の西堀響さん(19)=千葉市=の死亡について「まだ1年生でこれからなのに残念です」と語った。東海大でも1年生、池田衣里さん(19)=東京都多摩市=の悲報に大学幹部が肩を落とした。