[PR]

 日本新聞労働組合連合は15日、第20回新聞労連ジャーナリズム大賞を発表した。昨年1年間に紙面化された記事を対象に、平和・民主主義の確立、言論・報道の自由などに貢献した記事などを表彰するもので、大賞に毎日新聞による「『憲法解釈変更の経緯 公文書に残さず』など内閣法制局をめぐる一連の報道」、「会計検査院が秘密保護法を『憲法上問題』と指摘」、連載企画「日米安保の現場~軍用地料の『意図』」が3作品セットで選ばれた。

 疋田桂一郎賞には朝日新聞の「『隔離の記憶』などハンセン病をめぐる一連の報道」が選ばれ、「負の歴史を長年にわたって追い続け、本にまとめた取り組みを評価したい」と評された。その他の受賞作は次の通り。

 【優秀賞】「北海道と戦争」(北海道新聞)、「秋(とき)のしずく~敗戦70年といま~」(高知新聞)【疋田桂一郎賞】「『辺野古バブル』に揺れる島~奄美大島の採石現場から~」(沖縄タイムス)【特別賞】「『報道圧力』問題をめぐる一連の報道と対応」(沖縄タイムス、琉球新報)