[PR]

 統合失調症の患者は、健康な人と比べて、左脳の一部が大きいことが、大阪大などの研究でわかった。国際学術誌「モレキュラー・サイカイアトリー」電子版に19日、掲載された。

 妄想や幻聴などが起こる統合失調症は、100人に1人が発症するとされるが、脳のどの部分に原因があるのかわかっていない。

 阪大の橋本亮太准教授(精神医学)らは、統合失調症の患者884人と健康な1680人のMRI(磁気共鳴断層撮影)画像を11の大学病院などから集め、大脳の内側にある七つの部分で左右の体積差を比べた。

 その結果、統合失調症の人は、淡蒼球(たんそうきゅう)と呼ばれる部分の左脳側の体積が、右脳側より平均約4%大きいことがわかった。淡蒼球はやる気などを担い、意思決定を担う部分と密接につながっている。健康な人では左右の差はなかった。統合失調症患者の淡蒼球の体積が大きいことは知られていたが、左右の差が明らかになったのは初めてという。

 脳全体でみると、統合失調症の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら