[PR]

 長野県軽井沢町で、スキーツアーの大型バスが道路脇に転落し、14人が死亡、26人が重軽傷を負った事故後の15日夜、東京都新宿区の大型バス駐車場には、夜行バスを待つ多くの若いスキー客がいた。同じようなバスツアーの参加者は不安を抱えつつ、バスに乗り込んだ。旅行会社にはキャンセルの依頼もあり、事故の影響を懸念する。

 15日午後10時ごろ、JR新宿駅西口近くの大型バス駐車場には、スノーボードを抱えた大学生ら100人以上が集まっていた。駐車場の警備員によると、バス20~30台が長野県などのスキー場に向かうという。

 「同年代の大学生がたくさん亡くなった。ひとごとじゃない気持ち。事故は自分で防ぎようがないので心配です」

 長野県のスキー場に向かう都内…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら