[PR]

 16日午前3時15分ごろ、名古屋市東区泉2丁目のマンションで、この部屋に来ていた男性から「寝ていた友人の反応がない」と119番通報があった。愛知県警によると、室内で無職男性(23)が死亡しており、部屋から乾燥大麻や吸引器が見つかったことから、県警は一緒にいた22~31歳のいずれも無職の男4人を大麻取締法違反(共同所持)の疑いで現行犯逮捕した。

 東署によると、死亡した男性と4人は友人同士。14日午後11時ごろ、5人のうち死亡男性を含めた4人で「大麻を吸った」と説明しているという。死亡した男性の体内に残った尿を調べたところ、大麻の成分が検出された。同署は男性が死亡した経緯を調べている。