[PR]

 18日に開幕するテニスの全豪オープンで、男子シングルスの第7シード、錦織圭(日清食品)は4大大会今季初戦を迎える。世界ランキング34位のフィリップ・コールシュライバー(独)との1回戦は、18日の第1試合(日本時間午前9時開始)に決まった。

 錦織が初戦で戦うコールシュライバーは32歳のノーシードの選手だが、元世界16位の強敵だ。しかも初対戦。格下とはいえ気は抜けない。

 シード勢が順当勝ちすれば、錦織の次の山場は4回戦だろう。第9シードのジョーウィルフリード・ツォンガとベノワ・ペール(ともに仏)の勝者との対戦が濃厚。ツォンガは昨年の全仏オープン準々決勝で、ペールは昨年の全米オープン1回戦で、ともに敗れた相手だ。

こんなニュースも