[PR]

 米軍普天間飛行場を抱える沖縄県宜野湾市の市長選が17日、告示される。普天間問題をめぐる国と沖縄県の対立がそのまま持ち込まれ、安倍政権が支援する現職と、翁長雄志(おながたけし)知事が事実上擁立した新顔の一騎打ちとなる見込み。投開票は24日。

 立候補を予定しているのは、いずれも無所属で、自民、公明の推薦を受け再選を目指す現職の佐喜真淳(さきまあつし)氏(51)と、新顔の元県職員、志村恵一郎氏(63)。志村氏は翁長県政与党の共産や社民のほか、一部の保守系地方議員などが支援する。

 国が普天間飛行場の同県名護市辺野古への移設作業を進める沖縄では、一昨年の名護市長選以降、知事選、衆院選などの主要選挙で「辺野古移設反対」を訴える候補の勝利が続いており、この流れが続くのかどうかが焦点となる。

 普天間問題をめぐっては、佐喜真、志村両氏とも「普天間飛行場の早期閉鎖、返還」を訴えており、これまでのところ対立軸は鮮明になっていない。辺野古移設への賛否についても、志村氏が「辺野古反対」を前面に打ち出して争点化を図る一方、佐喜真氏は「辺野古」に言及しない姿勢で、明確に争点化されていない。