[PR]

 世界文化遺産の白川郷合掌造り集落(岐阜県白川村)で16日、ライトアップが始まった。ようやく雪化粧した三角屋根が幻想的に夜空に浮かび上がった。

 今年で30回目。36棟を117個のライトが照らす。東京から同僚と5人で来た会社員出雲優子さん(26)は「日本にこんな景色が残っていてびっくり。雪は少ないけど、光がとても温かくて癒やされる」とカメラを向けていた。

 今後の開催予定は23、24、30、31日と2月7、14日。マイクロバス以上の大型車は駐車場の予約が必要。問い合わせは白川郷観光協会(05769・6・1013)。