[PR]

 東京都大田区の町工場の技術を結集した国産そり「下町ボブスレー」がジャマイカ代表とともに、2018年の韓国・平昌(ピョンチャン)五輪を目指すことになった。16日、ジャマイカ代表が長野市のそり競技場で試走し、採用を決めた。下町ボブスレーのプロジェクト推進委員会が明らかにした。

 下町ボブスレーは、日本の町工場の技術力を世界に示そうと11年、大田区の中小企業が集結してプロジェクトをスタート。目指したのは、日本代表による採用。だが、14年ソチ五輪で不採用に。改良を重ねたが、昨年11月、平昌五輪でも不採用が決まった。

 メンバーは各大使館にも技術力をアピール。関心を示したのが、1988年カルガリー五輪での挑戦が映画「クール・ランニング」になったカリブ海の島国・ジャマイカだった。世界的な注目を集めるチームの採用にプロジェクトの責任者、細貝淳一さん(49)は「下町の技術が認められてうれしい。二人三脚で五輪を目指したい」と話した。(宮嶋加菜子)