[PR]

 南相馬市の2013年米が放射能に汚染された問題で、周辺の核種や実測値の解析を続けてきた国際研究チーム代表の小泉昭夫・京大医学研究科教授が17日、「原因は東京電力福島第一原発での同年夏のがれき撤去による粉じん飛散」と結論づける研究結果を市内で地元農家などに報告した。

 同問題では、農林水産省が「粉じん飛散の可能性」を指摘しつつ「原因不明」のまま調査を打ち切り、原子力規制委員会がそれを否定する見解を出していた。

 小泉氏ら日欧米の研究者11人は、13年8月の福島第一原発での粉じん飛散事故をコンピューターで再現。北約20キロの南相馬市方向に飛んだ放射性セシウムの放出量を、飛散粒子の粒径や実測値から最新の解析システムで推計、規制委の推計量3・6倍以上になった。

 研究班は14年9月、汚染米の…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら