[PR]

(17日、卓球全日本選手権)

 初の中学生ファイナリストとなった平野に、全日本女王の座は遠かった。緩急が利いた石川の余裕の試合運びに、力の差を見せつけられた。それでも準決勝では、同じ15歳のライバル伊藤を圧倒。伊藤はリオ五輪代表候補に入り、自身は逃した。「五輪選考が終わって、新しい自分になりたかった」

 相手のミスを待つ従来の姿勢から、フォアを3球目から打ち抜く攻撃的なスタイルに変え、伊藤に反撃の隙を与えなかった。「きょうの(平野)美宇ちゃんが今までで一番強かった。中国人選手のようだった」と伊藤に言わしめた。

     ◇

準決勝 平野美宇(エリートアカデミー)4―0伊藤美誠(スターツ)

決勝 石川佳純(全農)4―1平野美宇