[PR]

 17日午前5時40分ごろ、青森県蓬田村長科のJR津軽線中長科踏切で、除雪車と蟹田発青森行きの普通列車(3両編成)が衝突した。乗客は乗っておらず、乗務員4人や除雪車の運転手にけがはないという。

 JR東日本青森支店によると、この事故の影響で午前11時現在、新青森と函館を結ぶ特急「白鳥」と「スーパー白鳥」の青森―函館間が運休しているほか、札幌発青森行きの夜行急行「はまなす」が蟹田―青森間で運休した。津軽線と津軽海峡線では全線で運転を見合わせている。この日は大学入試センター試験の2日目だが、県内の各試験会場によると、試験は午前9時半の定刻通りに始まったという。

 県警や同支店によると、現場は遮断機や警報機がある踏切で、列車を緊急停止させる非常ボタンは設置されていなかった。始発列車の運行前に除雪作業をしていた除雪車が踏切内で動けなくなり、左から来た列車に左側部がぶつかった。