[PR]

 陸上の第34回全国都道府県対抗女子駅伝大会は17日、京都・西京極陸上競技場を発着とする9区間42・195キロで争われ、愛知が2時間16分2秒で初優勝を果たした。8区を終えた時点で1位京都に1分37秒差の4位だったが、9区(10キロ)の鈴木亜由子(日本郵政グループ)が残り約1・7キロでトップに立ち、逃げ切った。愛知はこれまで2000年の2位が最高だった。2位には兵庫、3位には群馬が入った。昨年1秒差で2位だった京都は4位。2連覇を狙った大阪は12位だった。

(スタート時の天候は曇り、気温9度、湿度40%、北北東の風0・8メートル)

 《経過》愛知は6区吉川が区間3位で11位から5位に浮上すると、7、8区も粘って鈴木亜の大逆転劇につなげた。区間賞なしの優勝だった。2位の兵庫は、4区太田琴の区間賞で一時首位に立った。群馬は6区筒井の区間新記録が光って3位。京都は中高生の頑張りでレースを引っ張ったが、最終区で苦戦した。連覇を狙った大阪は負傷でベストメンバーが組めず、12位に沈んだ。

■8位までの記録

①愛知 2時間16分2秒

(荘司、川口、市原、鈴木純、小倉、吉川、向井、細井、鈴木亜)

②兵庫 2時間16分22秒

(田中、籔下、大西、太田琴、井上、太田麻、高橋、金山、竹地)

③群馬 2時間16分28秒

(岡本、樺沢、伊井、不破、横瀬、筒井、米谷、阿部、西原)

④京都 2時間16分35秒

⑤千葉 2時間16分59秒

⑥東京 2時間17分25秒

⑦福岡 2時間17分39秒

⑧長崎 2時間17分47秒

■9位以下(すべて2時間台)

⑨神奈川 17分52秒

⑩静 岡 17分58秒

⑪岡 山 18分19秒

⑫大 阪 18分27秒

⑬鹿児島 18分48秒

⑭長 野 19分3秒

⑮広 島 19分3秒

⑯山 口 19分16秒

⑰熊 本 19分49秒

⑱茨 城 19分50秒

⑲福 島 19分54秒

⑳山 梨 20分3秒

(21)北海道 20分10秒

(22)愛 媛 20分12秒

(23)埼 玉 20分26秒

(24)新 潟 21分13秒

(25)三 重 21分20秒

(26)宮 城 21分24秒

(27)岐 阜 21分26秒

(28)高 知 21分30秒

(29)秋 田 21分44秒

(30)和歌山 21分59秒

(31)山 形 22分0秒

(32)徳 島 22分10秒

(33)宮 崎 22分23秒

(34)大 分 22分30秒

(35)栃 木 23分36秒

(36)滋 賀 23分54秒

(37)岩 手 24分1秒

(38)佐 賀 24分9秒

(39)石 川 24分10秒

(40)青 森 24分31秒

(41)香 川 24分56秒

(42)島 根 24分58秒

(43)鳥 取 26分20秒

(44)沖 縄 26分20秒

(45)奈 良 26分23秒

(46)福 井 26分26秒

(47)富 山 27分51秒

■区間最高

1区(6キロ) 19分19秒

安藤 友香(静岡・スズキ浜松AC)

2区(4キロ) 12分36秒

加世田梨花(千葉・成田高)、倉岡 奈々(鹿児島・鹿児島女高)

3区(3キロ) 9分20秒

西原 愛華(愛媛・新居浜西中)、広中璃梨佳(長崎・桜が原中)

4区(4キロ) 12分52秒

太田 琴菜(兵庫・立命大)

5区(4.1075キロ) 13分3秒

真部 亜樹(京都・立命館宇治高)

6区(4.0875キロ) 12分37秒=区間新

筒井 咲帆(群馬・ヤマダ電機)

7区(4キロ) 12分31秒

和田優香里(京都・立命大)

8区(3キロ) 9分41秒=区間タイ

村尾 綾香(京都・桂中)

9区(10キロ) 31分18秒

関根 花観(東京・日本郵政グループ)

     ◇

 2年連続1区で区間賞の安藤(静岡) 「まさか取れるとは……。挑戦者の気持ちで謙虚に走れたからだと思います」

 8区で区間タイ記録の村尾(京都) 「同じ京都で憧れの選手だった久馬(きゅうま)萌さんの記録に並べて、とてもうれしいです」

 2連覇を逃した草間監督(大阪) 「嵯峨山(薫英女学院高)ら主力がけがでスタートに立てない時点で厳しかった。中盤に順位を上げられたことは来年につながる」

こんなニュースも