[PR]

 野生のサルとふれ合える大分市の高崎山自然動物園で17日、サルの人気投票「選抜総選挙」の結果発表があり、メス部門では、昨年5月に生まれ、英王室の王女と同じ命名で騒動になった「シャーロット」(8カ月)が1位になった。

 選挙は、メスは4回目、オスは3回目。申(さる)年を記念して初めてのダブル選挙を実施した。園やネットで昨年12月25日から投票を受け付け、16日に締め切った。メス部門でエントリーしたのは16匹で、有効投票数4671票のうち、シャーロットは2255票と半数近くを占めた。

 シャーロットは、来園者の靴ひもをほどいて回ったり、序列上位のオスの頭をたたいて逃げたりといたずら好きだったが、最近は母親を離れ、来園者のすぐ目の前の柵の上で枝をかんでいることが多いという。

 2位は、実の親に見放された子…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

お得なシンプルコース980円が登場しました。詳しい内容はこちら