[PR]

 スキージャンプのワールドカップ(W杯)女子個人第5戦が17日、札幌市宮の森ジャンプ競技場(HS100メートル)であり、高梨沙羅(クラレ)が97メートル、94メートルを飛び、合計257・8点で前日の第4戦に続いて制した。3連勝で今季4勝目、W杯通算34勝目を挙げた。

 1回目に99・5メートルで、W杯でのジャンプ台記録を更新したダニエラ・イラシュコ(オーストリア)が、計241・4点で2位に入った。3位はジャクリーン・ザイフリーツベルガー(オーストリア)。

 伊藤有希(土屋ホーム)が11位、勢藤優花(北海道メディカルスポーツ専門学校)が17位、岩渕香里(松本大)が18位。竹田歩佳(デンソー北海道)と松橋亜希(マンマーノフーズ)は予選落ちした。

こんなニュースも