[PR]

 17日午前5時40分ごろ、青森県蓬田村長科で、JR津軽線の踏切内で立ち往生した除雪車と、蟹田発青森行きの普通列車(3両編成)が衝突した。列車に乗客は乗っておらず、乗務員4人と除雪車の運転手にけがはなかった。

 県警やJR東日本青森支店によると、この事故で津軽線と津軽海峡線で約9時間、列車の運転を見合わせた。奥羽線も含めると、新青森と函館を結ぶ特急など上下線計28本が全区間または一部区間で運休するなど、約1850人に影響が出た。現場は遮断機や警報機がある踏切で、列車を緊急停止させる非常ボタンは設置されていなかった。

 大学入試センター試験の県内各会場によると、試験は午前9時半の定刻通りに始まったという。