[PR]

 長野県軽井沢町でスキーツアーの大型バスが道路脇に転落し14人が死亡した事故で、長野県警は17日、けが人の数を26人から27人に訂正する、と発表した。乗客の男子大学生(19)を「けがなし」としていたが、その後、右腕の骨が折れるなどの重傷を負っていたことが、家族らからの申し出でわかったという。これで、乗客・乗員計41人のうち、14人が死亡、27人が重軽傷となった。