[PR]

 【気象庁発表】関東甲信地方では、17日夜遅くから雪や雨が降り始め、18日には山沿いを中心に大雪となり、関東地方の平野部でも積雪となる所があるでしょう。大雪による交通障害に警戒・注意し、着雪などに注意してください。

 東シナ海で発生した低気圧が、18日は急速に発達しながら伊豆諸島付近を進み、18日夜には三陸沖に達する見込みです。その後、19日から20日にかけて、冬型の気圧配置が強まるでしょう。

 低気圧の影響で、関東甲信地方では、17日夜遅くから山沿いで湿った雪が降り始め、18日は広い範囲で雪となる見込みです。

 関東甲信地方では、18日未明から降雪が強まり、関東甲信地方の山沿いを中心に大雪となり、関東地方の平野部でも積雪となる所があるでしょう。

 18日12時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多い所で、甲信地方40センチ、関東地方北部山沿い40センチ、箱根から多摩地方や秩父地方にかけて30センチ、関東地方北部平野部30センチ、関東地方南部平野部15センチの見込みです。その後も降雪量はさらに増えるでしょう。

 なお、東京23区でも積雪となる所がある見込みです。

 大雪や路面の凍結による交通障害に警戒・注意し、架線や電線、樹木への着雪に注意してください。また、ビニールハウスなどの倒壊のおそれがありますので注意してください。(午前11時7分気象庁予報部発表)