[PR]

 気象庁は17日、急速に発達する低気圧の影響で、18日は東日本と北日本の太平洋側の山沿いを中心に大雪になり、平野部でも雪が積もる恐れがあると発表した。東京23区は同日正午までに最大10センチの積雪を見込んでおり、首都圏は降雪が激しくなる時間帯が、通勤・通学時間帯に重なると予想される。猛ふぶきや暴風にも警戒するよう呼びかけている。東京都の多摩西部と多摩南部、埼玉県の秩父地方、山梨県全域と群馬県のほぼ全域に17日、大雪警報が出された。

 低気圧は本州の南岸を北東に進み、低気圧が通過した後は強い寒気が入り込む。このため北日本~西日本は21日ごろまで強い冬型の気圧配置が続き、日本海側を中心に大雪になる可能性がある。

 関東甲信地方は低気圧の通過に伴って、18日昼前まで雪の予想だ。同日正午までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多い所で、甲信地方で40センチ、関東地方北部平野部で30センチ、関東地方南部平野部では15センチを見込んでいる。

 大雪の予報を受けて国土交通省は17日、不要不急の外出を避けるよう注意喚起する緊急発表を出した。やむを得ず車を運転する場合は、冬用タイヤやチェーンを早めに装着するよう呼びかけている。2014年2月の記録的大雪の際には、高速道路や国道で、多数の車が立ち往生した。直轄国道では約1600台にも上った。この状態は、最長で4日間解消せず、交通・物流に大きな影響があった。

 日本航空は17日午後6時の時点で、18日運航予定の計57便を欠航すると決めた。東北や北海道を発着する便が中心で、約2850人に影響する。JR東日本は18日の青梅発東京行きの青梅ライナー、八王子発東京行きの中央ライナー2号、新宿発松本行きのスーパーあずさ1号、前橋発上野行きあかぎ6号などの運休を決めた。