[PR]

 血液製剤やワクチンの国内有力メーカー「化学及(および)血清療法研究所」(化血研)による不正製造問題で、医薬品医療機器法(旧薬事法)に基づく110日間の業務停止処分が18日、始まった。期間は過去最長で、5月6日まで。35製品のうち、やけどの治療用など8製品について、化血研は製造販売ができなくなる。

 この日は午前9時前、熊本市の化血研に、厚生労働省の担当者5人が訪れ、対象となる製品の製造ラインの停止を確認する「封緘(ふうかん)」作業を実施した。インフルエンザワクチンや血友病患者向けの血液製剤など医療上の必要性が高い27製品は対象外になっている。対象外のものを含めた35製品の営業行為は停止されるため、医薬営業部門のフロアは、立ち入りが一切できなくなった。