【動画】午後になっても雪が残る新国立競技場の予定地周辺=野津賢治撮影
[PR]

 本州の南岸を急速に発達しながら北上する低気圧の影響で、18日朝は東京都心など、関東地方の平野部でも雪が積もった。19日にかけて西日本から北日本の日本海側の山沿いを中心に雪は強まり、東海や近畿地方の太平洋側の平地でも積雪の恐れがある。気象庁は引き続き雪への警戒を呼びかけている。

 東京都心の積雪は今冬初めて。18日朝は東京都心で最大6センチ、横浜市でも5センチに達した。午前11時までの24時間の降雪量は、山梨県富士河口湖町で40センチ、埼玉県秩父市で34センチ、前橋市で20センチ、宇都宮市で6センチ。

 急速に発達する低気圧は18日夜に三陸沖に進み、19日には北海道の太平洋沿岸に達する見込み。低気圧の通過に伴って、北から冷たい空気が引き込まれるため、日本付近は21日ごろにかけて強い冬型の気圧配置になる。関東南部は南から暖かい空気が入り込み、雪は次第に雨やみぞれに変わっている。

 19日午前6時までの24時間の予想降雪量は、いずれも多い所で、東北地方80センチ、北海道、北陸、東海地方60センチ、関東甲信40センチ。

 首都圏の鉄道は始発からダイヤが大幅に乱れた。JRは中央線快速や京浜東北線が一時全線で運転を見合わせた。私鉄は京王線が一部区間で運転を見合わせるなど、各線で大幅な遅れや運休が相次いだ。空の便では、日本航空が、東北の空港や東京・羽田空港発着便を中心に119便が欠航し、約9640人に影響。全日本空輸は30便が欠航、約3800人に影響した。

 関東地方では、少なくとも計117人が、転倒事故などでけがをしたり病院に搬送されたりした。

     ◇

 大阪管区気象台によると西日本でも19日にかけて日本海側を中心に大雪のおそれがある。近畿地方では北部を中心に大雪となり、平野部でも積雪を観測する見込みだ。

     ◇

 東日本の大雪の影響で18日、九州・山口の各地を発着する飛行機の欠航が相次いだ。福岡空港では、羽田(東京)や花巻(岩手)、仙台などを結ぶ便で欠航が出たほか、遅れも生じた。

 九州・山口では、18日夕から19日にかけて上空に強い寒気が流れ込み、九州北部を中心に18日夜から各地で大雪になると予想されている。

 気象庁によると、18日から徐々に冬型の気圧配置が強まって冷え込み、九州・山口でも19日の最低気温が0度以下となるところがありそうだ。

 19日午前6時までの積雪は多いところで、福岡や佐賀、山口などの山地で10~20センチ、平地で5~10センチ程度と予想されている。気象庁は積雪や路面凍結による交通障害、農作物の管理などに注意を呼びかけている。

 また、日本海側の海上では最大風速が20メートルを超える非常に強い風が吹き、しける見込みだ。