【動画】福島第一原発3号機の使用済み燃料プールから核燃料を取り出す遠隔操作設備を公開=嶋田達也撮影
[PR]

 東京電力福島第一原発3号機の使用済み燃料プールから核燃料を取り出すために新たに開発された装置が18日、開発した東芝の京浜事業所(横浜市)で報道陣に公開された。放射線量が高いため、ほぼ全ての作業が遠隔操作で実施される。

 公開されたのはプールから燃料体をつり上げるクレーンと、周りのがれきなどを取り除いて燃料体を集める燃料取り扱い機。取り扱い機から伸びるアーム2本が、がれきをつかんでカゴに入れたり、ケーブルを切ったりした。

 操作は、取り扱い機などに設置された計22台のカメラの映像をもとに別室で行われた。操作員らがモニターを見て指さし確認しながら、マウスやコントローラーを動かし、設備が動く位置を調整した。

 東電によると、装置は今春以降に福島第一原発に運ばれる。訓練を経て2017年度内に核燃料の取り出しを始め、約2年かけて3号機のプールに残る566体を搬出する予定だ。(熊井洋美)

関連ニュース