[PR]

 米ニュースサイトのバズフィードと英BBCは17日、テニスのウィンブルドン選手権や全仏オープンなどで八百長が行われた可能性があると報じた。疑惑の対象者には、4大大会のシングルスやダブルスの優勝者も含まれるという。

 男子テニスを対象とした調査をもとにした報道によると、ロシアとイタリアの賭博グループから多額の金銭が賭けられた試合に疑いがあり、選手からは、八百長をするなら5万米ドル(約580万円)以上を提示されたとの証言も得たという。世界ランキング50位以内を経験したことのある16選手に疑惑があり、うち8選手は18日に開幕した全豪オープンに出場するという。

 具体例として挙げられたのは、2007年8月にポーランドで行われた大会のロシア選手とアルゼンチン選手の試合。試合開始前から英国に本拠を置くオンラインブックメーカーのサイトで、ロシアとイタリアの計3グループが、格下とみられたアルゼンチン選手に賭け金を集中させる異常な動きを見せたという。試合はロシア選手がけがのため棄権し、アルゼンチンの選手が勝った。この件に関し、男子プロテニス選手協会(ATP)など国際統括団体は共同で、「調査したが、十分な証拠は集まらなかった」との声明を18日に出した。(ロンドン=河野正樹)