[PR]

 岐阜市司町の市立中央図書館に、中学と高校の世代だけが使うことができる「ヤングアダルト(YA)専用席」がある。学校と自宅のほかに、子どもたちに「第3の居場所」を提供し、読書の習慣も身につけてもらいたいという。

 市の文化複合施設「ぎふメディアコスモス」にある市立中央図書館2階。昨年7月に開館し、館内には円形に配置された50席のYA専用席と、窓側で優先的に利用できる22席のYA優先席が設けられた。中高生限定と掲示し、成人が使っている場合は司書が他の席に移るよう依頼している。

 「YA」は大人でも子どもでもない中間的な世代を表し、主に中学生と高校生を指す。専用席は放課後の利用が多い。週末には満席になるほどの人気で、席を確保するために午前9時の開館前から入り口に並ぶ生徒もいる。

 週に数回利用するという岐阜市内の県立高校1年の男子生徒(16)は取材に「同じような学生ばかりで安心感がある。周りががんばって勉強している姿が刺激になって、やる気がでる」と話した。

 吉成信夫館長(59)はスウェ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら