歌うナンノはこれで見納め? 昨年デビュー30周年を迎えた南野陽子が、2月に記念公演を開く。約25年ぶりの単独公演で、「コンサートはもう最後かな」と語る。アイドル時代を思い起こさせる振り付けや衣装で、数々のヒット曲を披露する。

 「5年くらいでお嫁にいくんだろう」と思っていたが、芸能界で30年の月日が流れた。デビュー直後からドラマ「時をかける少女」「スケバン刑事Ⅱ」に主演。歌手としても「はいからさんが通る」「吐息でネット」などが次々にヒットした。

 わずか2、3時間の睡眠で多忙を極めたアイドル時代。唯一の楽しみは衣装作りだった。裁縫道具を持ち歩き、ミシンを操り過去の番組とかぶらないように改良した。舞台衣装の9割は自分で作っていたという。

 今回は過去の衣装を手直しする…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら