[PR]

 夏のリオデジャネイロ五輪出場を目指すサッカー女子の日本代表が18日、沖縄県石垣市で合宿を開始。初日は24人がランニングやボールを使ったメニューで汗を流した。首都圏を襲った大雪の影響で到着が遅れ、練習場所が屋内に変更されるなどしたが、主将の宮間を中心にリラックスした雰囲気で約1時間半を過ごした。

 合宿は26日までの9日間。2日目以降に合流する熊谷(リヨン)、宇津木(モンペリエ)を含めて計26人が参加する。2月29日から始まるリオ五輪アジア最終予選(大阪)へ向け、チームの底上げと戦術理解を深めるのが狙いだ。

 2月にも沖縄県内で合宿を行うが、欧州でプレーする選手は参加できないため、今回は「国内組」と「欧州組」との連係を深める貴重な場でもある。

 主将の宮間は「それぞれが自分の役割、覚悟を持って良い雰囲気で練習できた。ここに集まってやることは一つ。日本のために戦うだけ」。佐々木監督は「すんなりと予選に入れるよう準備したい」と語った。

こんなニュースも