[PR]

 本州の南岸を急速に発達しながら北上する低気圧の影響で、19日にかけて北海道、東北地方の太平洋側を中心に大雪になる見込みだ。21日にかけて北陸~九州の日本海側の山沿いでも大雪となり、東海や近畿地方の太平洋側の平野部でも積雪の恐れがある。気象庁は、北海道、東北地方の太平洋側を中心に、非常に強い風が予想されるため暴風雪の警報を発表。なだれや猛吹雪への警戒を呼びかける。

 気象庁によると、19日は北海道、東北地方の太平洋側を中心に大雪が続く見通しで、なだれや暴風雪、路面の凍結などへの警戒を呼びかけている。

 本州の南岸を急速に発達しながら北上する低気圧は、19日には北海道の太平洋沿岸に達する見込み。低気圧の通過で北から寒気が入るため、日本付近は21日ごろまで強い冬型の気圧配置になる。

 19日午後6時までの24時間…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら