[PR]

 国営諫早湾干拓事業(長崎県)をめぐり長崎地裁が和解勧告を示したことについて、森山裕農林水産相は19日、閣議後の会見で「和解の方向性が示されたのは初めてのことなので重く受けとめている。国として、どのような対応が可能なのか慎重に検討していきたい」と述べた。訴訟では、干拓農地の営農者らが国を相手取り、潮受け堤防排水門を開門しないよう求めていた。