[PR]

(19日、大相撲初場所10日目)

 勝ち残りで土俵下に座った琴奨菊の背中に拍手と歓声が降り注ぐ。昨年の初場所以来、1年ぶりに横綱鶴竜から白星をもぎ取り、自身初の初日から10連勝。「しっかり自分の相撲が取れた。自分を信じ、しっかり対策もしているから」。初優勝への望みをつなぐ一番に充実感を漂わせた。

 立ち合い。左を張って鋭く踏み込んだ。左を差すと、すかさず右を抱えて一気に前に出た。「今場所は前に出ているからまともに受けたくはない」。そう警戒していた横綱に付け入る隙を与えずに寄り切った。

 「対策」と「準備」。最近、琴…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも