[PR]

 韓国の朴槿恵(パククネ)大統領は19日の閣議で、国連安全保障理事会が検討している北朝鮮に対する制裁決議について、「強力で実効的な措置を出せなかった場合、5回目、6回目の核実験をしても国際社会は何もできないという誤ったメッセージを送ることになる」と述べ、外交努力を尽くすよう指示した。

 一方、ブリンケン米国務副長官は19日、ソウルを訪問。20日には尹炳世(ユンビョンセ)外相、韓国外交省の林聖男(イムソンナム)第1次官とそれぞれ会談し、今後の対応を協議する。(ソウル=東岡徹