[PR]

 日本航空などが出資するLCC(格安航空会社)のジェットスター・ジャパンは19日、成田、関西、中部の3空港とフィリピンの首都マニラを結ぶ路線を、3月15日から順次就航させると発表した。成田、中部からは最大週7便(往復)、関西からは最大週4便を運航する。同社の国際線は、香港、台北に続き3路線目。片道の最低価格は成田と中部発が9千円、関西発が8500円。