[PR]

 東海テレビ(名古屋市)は20日、50年以上の歴史を持つ同社制作の昼の連続ドラマ(通称昼ドラ)を3月いっぱいで終了すると発表した。内田優社長は記者会見で「ここ数年、視聴者のライフスタイルの大きな変化もあり、幕を下ろすことになった」などと語った。

 昼ドラは1964年5月に始まり、フジ系で全国放送されてきた。円地文子、井上靖ら原作の文芸もの、70年代の「あかんたれ」などの根性もの、「愛の嵐」ほか80年代の「嵐」シリーズ三部作などを経て「ドロドロの愛憎劇」イメージを確立。流行語大賞にも入賞した「真珠夫人」(2002年)や「牡丹と薔薇」(04年)を筆頭に、00年以降も「花嫁のれん」シリーズなどの話題作を送り出した。

 平均視聴率を2桁台にのせた時期もあったが、近年は5%を割ることもあった。TBS系も2009年に昼のドラマ放送を終えており、内田優社長は「1局になり注目が集まるかと考えたが、現実は低迷が続いていた。昼下がりに月から金まで連続してドラマをみる時代ではなくなったのかな、というのが実感。(終了の話は)何年か前から出たり消えたりしていた」などと述べた。

 最終作は佐藤江梨子さん主演の「嵐の涙」(2月1日スタート)となる。同局は4月から、土曜の深夜帯(午後11時40分)でミステリーやコメディーなど、ジャンルを問わず55分番組のドラマを始めるという。

こんなニュースも