[PR]

 常盤薬品工業(大阪市)は19日、「南天のど飴(あめ)」シリーズ全30種類について、厚生労働省から製造販売の承認を受けていない成分を入れていたため自主回収する、と発表した。健康被害の恐れはないという。

 「南天のど飴」シリーズは1968年から販売しているロングセラー。同社は承認を受けていない成分を入れていた期間や製造量は明らかにしていないが、3~5年の使用期限内であれば返金するという。店頭で販売中のものも回収する。

 問い合わせは同社回収センター(0120・007・766)へ。2月20日まで毎日午前9時~午後5時に受け付ける。