レシピ投稿サイトのクックパッドは19日、創業者で筆頭株主の佐野陽光取締役から、自分を社長にするよう株主提案を受けたと発表した。佐野氏は「料理から離れた事業に注力するなど、経営ビジョンにゆがみが出てきた」と説明しているという。

 同社によると最初の提案は昨年11月。特別委員会で審議し、棄却していた。その後1月8日付で、3月下旬の株主総会提案として佐野氏側から再び書面を受け取った。佐野氏を含む8人を取締役にするよう求めているという。

 佐野氏は株主4人で共同提案しており、議決権は計約44%になる。佐野氏は書面で「一部の取締役は(中略)社内に不要な亀裂と混乱を生じさせている」と主張している。

 クックパッドは1997年に神奈川県藤沢市で佐野氏が創業。月間利用者数がのべ5千万人を超え、レシピ投稿サイト最大手に成長した。2012年にカカクコム社長を務めた穐田(あきた)誉輝氏が社長に就き、佐野氏は取締役に退いていた。