[PR]

 暖冬から一転、20日朝、東海地方の町並みは一面に雪をまとった。名古屋では9センチの積雪を記録した。交通機関も各地で乱れた。

 午前9時すぎ、JR名古屋駅。雪のため、最大1時間の遅れが出た東海道新幹線の切符売り場には長い列ができていた。

 名古屋市中村区の会社員男性(36)は、「東京で会議があり、雪を見て焦った。早く来たので間に合いそうだ」と話した。

 改札口近くで不安げに案内表示を見つめる人も。愛知県小牧市の佐橋雅江さん(61)は友人を待っていた。「一緒に新幹線で京都へ行く予定でしたが、友人が乗った電車が遅れて間に合わなかった。雪なので仕方ないです」

 JR紀勢線と名松線は、一部区間で風が規制値を超えたため、始発から午前8時ごろまで運転を見合わせた。名古屋市営地下鉄は鶴舞線や上飯田線で最大20~30分遅れた。名鉄や近鉄にも遅れが出た。

 名古屋高速は午前6時半から全面通行止めに。東海北陸自動車道も、大型トラックの横転事故で、美並インターチェンジ(IC)―郡上八幡ICの下り線が通行止めになった。

 中部空港(愛知県常滑市)では、午前の国内線で福岡、大分、札幌の計6便が欠航。国際線でも韓国・ソウルと中国・天津行きの2便が欠航を決めた。愛知県営名古屋空港(豊山町)を発着する定期便は、38便のうち11便が欠航した。

 愛知県蟹江町の67歳と79歳の女性2人が雪かき作業中に転び、ともに重傷。同県蒲郡市や岐阜県各務原市でも転んだ人がけがをした。

 両県警と三重県警の集計で、雪や凍結による事故が少なくとも計828件あり、48人がけがをした。

 愛知、岐阜両県の教育委員会によると、愛知県では豊橋、蒲郡、田原の3市で小中学校計119校が、岐阜県で郡上、山県両市の小中学校5校が休校した。