[PR]

 みずほ銀行(東京都千代田区)から融資名目で現金約1億円を詐取した容疑で逮捕された男女3人が、ほかにも同行から約3億円をだまし取ったとして、警視庁は20日、この3人を詐欺容疑で再逮捕し、発表した。

 再逮捕されたのは、東京都港区芝3丁目、会社役員西田信義(69)、大田区大森北4丁目、自称占い鑑定士山口智子(56)の両容疑者ら3人。西田、山口の両容疑者は容疑を否認し、他の1人は認否を留保しているという。

 捜査2課によると、3人は2009年4月上旬~7月上旬、みずほ銀行五反田支店で、山口容疑者が代表を務める会社の確定申告書の内容を偽って提出し、約3億円の融資を受けてだまし取った疑いがある。営業実態がないにもかかわらず、「海外商社と取引がある」などと偽り、融資金は返済していないという。

 3人は同じ支店から09年10月にも現金約1億円をだまし取ったとして逮捕され、その後起訴された。