小泉成器(大阪市)は20日、2013年9月から14年3月の間に販売した電気温風機(セラミックファンヒーター)が使用中に発火するおそれがあり、リコール(無償製品交換)すると発表した。型式は「KCH―1233」で、2万3512台が対象。問い合わせは小泉成器の専用窓口(電話0120・300・731)へ。

 同社によると、製品内部のヒーターと配線をつなぐ接続部が製造上の不具合のために異常発熱し、出火するおそれがある。国民生活センターが利用者から発火したという相談を受けて製品を調べ、不具合が判明した。同様の発火事故は4件確認されており、けが人は出ていないという。

こんなニュースも