[PR]

 韓国政府は20日、最近5年間に韓国内で働いていた外国人7人が、出国後に過激派組織「イスラム国」(IS)に加入した事実を明らかにした。同日開かれた与党セヌリ党とのテロ対策合同会議で説明した。

 このほか、ISに加わるため出国しようとした韓国人2人を出国禁止処分にし、ISへの加入を模索していた韓国人10人程度を摘発したという。また、韓国政府は過去5年間で、アルカイダなどのテロ活動と関係があるとして計51人を国外追放処分にしたことも明らかにした。(ソウル=牧野愛博)

こんなニュースも