[PR]

 大雪を降らせた低気圧の勢力が弱まり、21日は全国的に冬型の気圧配置が次第に緩むことが予想される。気象庁は、北海道と日本海側の大雪のピークは過ぎたが、上空に強い寒気が残るため、日本海側は引き続き大雪に注意するよう呼びかけている。

 急速に発達した低気圧は、勢力を弱めつつ、北海道の東海上を東に進んでいる。北日本と日本海側では21日明け方まで、雪を伴って非常に強い風が吹くが、その後は次第に弱まる見込みだ。

 強い冬型の気圧配置の影響で、雪雲の一部が日本海側から流れ込んだため、20日は東海や近畿の太平洋側の平地でも雪が積もった。20日の積雪の深さは、最大で名古屋市と岐阜市で9センチ、京都市でも4センチに達した。

 21日にかけて予想される最大瞬間風速は北海道、東北、北陸で30メートル。同日夕までの24時間の予想降雪量は、いずれも多い所で、東北、北陸で50センチ、北海道で40センチ、関東甲信で30センチ。