[PR]

 甘利明経済再生相(衆院神奈川13区)は21日午前、地元事務所が千葉県の建設会社側から現金や飲食接待を受けていた疑いがあると週刊文春に報じられた問題で、参院決算委員会で答弁した。甘利氏は同社社長らと面会した事実を認めて「調査して説明責任を果たしていきたい」と述べたが、政治資金収支報告書との食い違いも指摘されており、野党は追及を強める。

 21日発売の週刊文春は、甘利氏や同氏の事務所関係者が千葉県の建設会社側から総額1200万円の現金や飲食接待を受けていたと報道。甘利氏の政党支部などの政治資金収支報告書には建設会社からの寄付が計376万円しか記載されておらず、事実なら政治資金規正法違反の疑いがある。

 甘利氏は参院決算委の答弁で、大臣室で現金50万円入りの封筒を受け取ったとの報道について「会社の社長一行が大臣室を表敬訪問されたことは事実だ。一行が来られて正確に何をされたのか、記憶があいまいなところがある。きちんと整理をして説明したい」と述べた。

 地元事務所でも、自ら現金を受け取ったとの報道についても「この方(建設会社の総務担当者)が来られたのは覚えている。そこで何の話をしてどういうことをされたのか、事実関係は記憶をたどっているところだ」と答弁。閣僚を辞任する考えがあるかを問われると「託された職務を全力で全うします」と否定した。

 安倍晋三首相は「甘利大臣が速やかに調査を行い、政治家として説明責任を果たすとこの場で言っているので、そのようにすると確信している」と答弁した。

 質問した民主党の安井美沙子氏は、甘利氏に対し調査結果を決算委に報告するよう要求した。

こんなニュースも