[PR]

 靖国神社のトイレで爆発音がして不審物が見つかった事件で、神社内に不当に立ち入ったとして逮捕、起訴された全昶漢(チョンチャンハン)容疑者(27)について、警視庁は21日、火薬類取締法違反(所持、消費)の疑いで再逮捕し、発表した。「逮捕された理由は理解できるが、話したくない」という趣旨の供述をしているという。

 公安部によると、全容疑者は昨年11月23日午前、東京都千代田区の靖国神社に黒色火薬を詰めた鉄パイプを持ち込み、トイレ内に置いて発火装置で燃焼させた疑いがある。火薬や部品を韓国から持ち込み、ホテルで組み立てた、と公安部はみている。

 全容疑者は昨年12月9日に再来日し、建造物侵入容疑で逮捕された。捜査関係者によると、逮捕当時は「A級戦犯がまつられている靖国神社で、もう一度爆発物を仕掛けるために来た」と話していた。その後は否認に転じたが「23日に神社のトイレに装置を置いたが、危険な物ではない」との供述を始めていたという。再来日の目的については黙秘しているという。