[PR]

 日本ラグビー協会は21日、日本代表の新ヘッドコーチ(HC)にジェイミー・ジョセフ氏(46)が決まった、と発表した。ジョセフ新HCは2月に開幕する南半球最高峰リーグ「スーパーラグビー」のハイランダーズHCを務めており、日本代表としての正式な活動はシーズン終了の今夏以降となる。

 ニュージーランド出身のジョセフ氏は、現役時代はフォワードで活躍。同国代表として20試合に出場し、1995年のワールドカップ(W杯)ではチームの準優勝に貢献した。その後、日本のサニックスに所属、99年のW杯には日本代表として出場した。

 日本協会は昨秋のW杯で南アフリカを破るなど好成績を挙げたエディ・ジョーンズ前HC(55)の退任に伴い、昨季のスーパーラグビーでハイランダーズを優勝に導いた手腕を持ち、日本ラグビー界も知るジョセフ氏を筆頭候補に交渉を進めてきた。

こんなニュースも