[PR]

 大寒の21日早朝、山口県防府市の春日神社で「大寒みそぎ」があった。ふんどしや白装束姿で、身を切るような冷たい水につかり、無病息災を祈る。午前6時の境内の気温は零度、水温は10度。7~80歳の男女101人が、「エイッ!」とのかけ声とともに井戸水をためた水槽に入り、身を清めた。