[PR]

 羽生善治名人への挑戦権を10人のトップ棋士が総当たりで争う第74期将棋名人戦・A級順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)は21日、7回戦最後の一局が東京・千駄ケ谷の将棋会館で指され、渡辺明竜王が98手で深浦康市九段に勝った。渡辺竜王は5勝2敗、深浦九段は2勝5敗となった。

 これで7回戦が終わり、成績は次の通り。

【6勝1敗】佐藤天彦八段

【5勝2敗】行方尚史八段、渡辺竜王、佐藤康光九段

【4勝3敗】屋敷伸之九段

【3勝4敗】森内俊之九段

【2勝5敗】久保利明九段、深浦九段、郷田真隆王将

【1勝6敗】広瀬章人八段

 8回戦は2月1日、5局一斉に指される。組み合わせは、郷田王将―行方八段▽渡辺竜王―屋敷九段▽佐藤天八段―久保九段▽広瀬八段―佐藤康九段▽森内九段―深浦九段(前者が先手)。単独首位の佐藤天八段が勝ち、2敗勢がすべて敗れると、最終9回戦を待たずに佐藤天八段が名人挑戦者に決まる。

こんなニュースも