[PR]

 オバマ米大統領は20日、「自動車の街」デトロイト市で演説し、「米自動車業界は完全に復活した」と述べた。2009年1月の大統領就任後に指揮をとった大手自動車メーカー救済の成果をアピールした。

 09年、金融危機の影響で米クライスラー(現FCA)と米ゼネラル・モーターズ(GM)が相次ぎ経営破綻(はたん)。ともに政府支援などで再生した。オバマ氏は助けがなかったら「いまごろ存在しなかった」と語り、政府による支援策が正しかったと強調した。

 オバマ氏は開催中の北米国際自動車ショーも見学。GMの電気自動車「シボレー・ボルト」のシートで乗り心地を確認していた。(ニューヨーク=畑中徹)