[PR]

 バスの降車ボタンを30年以上集め続けている男性がいる。その数、600個以上。各地で開く展示会で披露し、訪れた人たちに押してもらっている。「好きなだけ押したい」。そんな子どもの頃の夢をかなえようと、全国を飛び回る。

 木製の板にずらりと並ぶ約130個の降車ボタン。押すとブザーが鳴り響き、一斉に紫色に光る。作ったのは横浜市港北区に住むバス好きの会社員、石田岳士さん(52)。ボタン収集が趣味で、ストックも入れると「600個以上あるのでは」と言う。でもなぜ、降車ボタン?

 石田さんが降車ボタンに興味を持ったのは幼少期の頃だ。バスに乗ると、紫色に光るボタンに目が釘付けになった。特に丸形のボタンがお気に入りで、「あのバスじゃないと乗らない」と親を困らせたほどだという。ただ押せるのは1乗車につき1回だけ。「もっと押したい」と思っていた。

 高校生になるとバスの写真を撮…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら