[PR]

 DeNAは21日、球団本拠地の球場運営会社「横浜スタジアム」(横浜市)への株式公開買い付け(TOB)が成立した、と発表した。28日付で連結子会社とし、球団との一体運営で野球事業の黒字化をめざす。「球場で稼ぐ」動きは、他球団にも広がっている。

 「ただ野球をやるスタジアムから、楽しくてまた雰囲気を味わいたいと思うボールパーク(野球公園)になることが大切だ」

 DeNAの池田純・球団社長は21日の会見で、運営会社買収への意気込みをそう語った。まずは飲食の拡充や場内広告の強化に乗り出すという。

 20日までの買い付け期間で、13社の主要株主と、個人株主の8割近くが売却に応じた。買収金額は約74億円で、DeNAが球団を通じて横浜スタジアム株の約76%を握ることになる。

 昨年のホームゲームの観客動員数は181万人で、DeNAの参入直前の2011年から1・6倍超に増えた。それでも野球事業は16年3月期で数億円の赤字を見込む。動員率は9割近くあり、入場料で稼ぎを増やすのは限界がある。

 DeNAは家族で楽しめるイベントを増やし、靴を脱ぐ座席をつくるなど改修にも工夫をこらす。運営会社の買収は、球場での施策を矢継ぎ早に打ち出しやすくする狙いがある。

 ただ、横浜市から球場を借りる立場は変わらない。球団が披露した球場の「未来予想図」には、VIP向けの観覧席や外へ抜ける広場が描かれる。池田社長は「あくまで夢」と強調し、具体的には市などと相談しながら検討するとした。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら