[PR]

 廃棄食品を飼料や堆肥(たいひ)にせず、横流ししていた愛知県稲沢市のダイコー。食品を扱う複数の廃棄物処理業者が、横流しへの誘惑に駆られる「業界の背景事情」を語り、「ダイコーだけの問題ではない」と明かした。

 「廃棄食品を売ってくれないか」。大手食品メーカーから廃棄委託を受けている愛知県の産廃業者には、多い時で1カ月に2度、闇取引をささやく見知らぬブローカーが訪ねてくる。知人の名を挙げて近づこうとしたり、「北朝鮮や中国に送る。向こうは賞味期限は関係ないから」と持ちかけたりして“商談”を進めようとするが、素性は明かさず、名刺を置いていくこともないという。

 50代の社長は言う。「一度、取引したらおしまい。汚い商売につかったら、捕まるまでやめられなくなる」