[PR]

 新制度によって初めて行われる日本サッカー協会の会長選が21日に告示され、田嶋幸三副会長(58)と原博実専務理事(57)=50音順=が候補者となった。

 理事会から候補者を1人立てるほか、評議員7人以上の推薦があれば立候補できる。理事28人の投票により最多の19票を集めた田嶋氏を選出。9票の原氏は評議員からの推薦で候補者になった。会長選は31日に行われ、Jクラブや都道府県協会などの代表が務める評議員75人が投票する。理事に投票権はない。

 田嶋、原両氏は21日、朝日新聞東京本社であったシンポジウムに参加。原氏はJクラブの充実を掲げ、「日本代表監督がJクラブスタッフと議論するなどの交流を」。田嶋氏はJリーグを夏開幕に移行し、「1ステージにしてプレーオフをやめ、オフを代表強化に充てる」と提案した。

こんなニュースも