[PR]

 アジアを中心にイスラム教徒(ムスリム)の来日が増える中、豚肉やアルコールを禁じる戒律に沿っていることを示す「ハラル認証」に頼らない動きが広がっている。なぜ、いま「脱ハラル認証」なのか?

■団体たくさん「分からない」

 昨年秋、千葉市の幕張メッセであった「ハラールエキスポ」。国内外のムスリム市場に関心をもつ64の企業・団体が集まり、2日間で約4400人が訪れた。その中で、多くの人が足を止めたのが、訪日ムスリムの間で日本土産として人気の「サムライラーメン」のブースだった。商品の金色の箱には「ハラル」の文字はなく、豚、鳥、牛、酒のマークに「×」がついているだけ。実際に動物性由来の原料やアルコールは一切使っていないが、ハラル認証はない。販売元の「ラジーゼン国際食文化研究所」(鹿児島県)の白沢繁樹さん(39)は、「認証を否定はしないが、認証は団体がたくさんあって、どれがよいのか分からない」。

 ほかにもハラル認証を取らずに…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも